コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心肺機能 しんぱいきのうcardiopulmonary function

知恵蔵の解説

心肺機能

スポーツのエネルギーは有酸素エネルギー代謝によって生産されるが、その過程で酸素が消費され炭酸ガスが生成される。そのための酸素を筋肉などに供給する際の、肺による酸素摂取と心臓による末梢組織への酸素供給の能力と、末梢組織で生成された炭酸ガスを排出する能力を合わせて、心肺機能と呼ぶ。肺機能は肺気量で示されるが、最大吸気をしたあとに最大努力下で得られる一呼気量の肺活量(vital capacity)があり、体内に残留する残気量(reserve volume)と合算したものを全肺気量(total lung capacity)と呼ぶ。心臓機能を示す最も重要な指標は心拍出量(cardiac output)であり、心臓から排出される血液量のこと。毎分心拍出量と1回拍出量で表され、1回拍出量に心拍数を掛けて毎分心拍出量が算出される。全力運動時の酸素消費量である最大酸素摂取量の大小は、心肺機能に強く支配される。

(鈴木正成 早稲田大学スポーツ科学学術院特任教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

心肺機能の関連キーワード生活不活発病(廃用症候群)bicorobicsクロストレーニングアクアウオーキング生活習慣病とは?マラソンレース副耳(過剰耳)エアロビクスいびきと対策心肺脳蘇生術スポーツ心臓生活不活発病心肺蘇生法心肺蘇生術長距離競走廃用症候群食道がんフル稼働運動療法換気指数

心肺機能の関連情報