肺活量(読み)はいかつりょう(英語表記)vital capacity of the lung

デジタル大辞泉の解説

はい‐かつりょう〔‐クワツリヤウ〕【肺活量】

肺に空気を深く吸い込んだのちに、吐き出すことのできる空気の全量日本人の成年男子の平均は3000~4000立方センチ、女子は2500~3500立方センチ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

肺活量【はいかつりょう】

深吸気を行ったのちはき出し得る最大の呼気量。のガス交換能力などを示し,日本人の成人男子で平均4.5l,女子で3.0lといわれるが,身長体重などによって個体差が大きい。20〜25歳ころ最大値を示す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいかつりょう【肺活量 vital capacity】

呼吸機能を表す指標の一つ。深呼吸によって吸った吸気を最大呼出した呼吸量(空気量)で示される。通常の1回呼吸量は500mlくらいであるが,深呼吸により2l近くの予備吸気量をもち,予備呼気量としては,通常呼吸時の呼気位の状態からさらに1.5lくらいの呼気量がある。肺活量は,この予備呼気量までの最大呼気量で,成人男子では約4.5l,女子では約3lである。この肺活量は体力測定項目の一つとしてあげられ,性別,年齢,体格などによって異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいかつりょう【肺活量】

肺が空気を出入りさせうる最大量。できるだけ深く息を吸い込んだのちに吐き出す空気の量で測定する。成人で3000~4500ミリリットル程度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺活量
はいかつりょう

意識的に肺が出し入れすることのできる空気の最大量をいう。肺の容積を表す指標で、肺活量は呼吸運動に関する筋機能(肋間(ろっかん)筋や横隔膜)に影響される。肺は横隔膜と胸壁からできている胸腔(きょうくう)内にあり、胸腔容積の変化によって肺は他動的に膨らんだりしぼんだりする。このようにして肺は空気の出し入れを行っている。胸腔容積を変えているのが、横隔膜と肋間筋で、これらは呼吸筋とよばれている。普通の呼吸(1回呼吸気量)から思い切り息を吸い込み(予備吸気量)、ついで吐き出せる限りの息(予備呼気量)を吐き出したときの全呼吸気量を肺活量としている。肺活量は身長、性別、年齢、姿勢などによって異なる。成長とともに胸郭が広がるため、肺活量は大きくなり、臥位(がい)よりも立位のほうが大きくなる。肺活量の推測正常値(18歳以上成人)は以下の公式より算出される。男性={27.63-(0.112×年齢)}×身長、女性={21.78-(0.101×年齢)}×身長。
 推測正常値を100%としたときの実際の肺活量をパーセント(%)肺活量といい、パーセント肺活量は100%が正常であり、80%以下になると異常である。肺活量は肺の換気能力を示すことから肺の機能検査に用いられている。ゆっくりとできるだけ多く吐き出させて測定する呼気肺活量とできるだけ早く一気に吐き出させて測定する努力肺活量があり、努力肺活量のうちで最初の1秒間に吐き出される量を1秒量といい、1秒量の努力肺活量に対する割合を%で表したものを1秒率とよぶ。同じ肺活量であってもそれを早く吐き出せるかどうかにより肺機能は変化する。これらの検査はスパイロメーターなどによって測定されている。[依田珠江]
『本郷利憲・廣重力・豊田順一監修『標準生理学』第6版(2005・医学書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はいかつ‐りょう ハイクヮツリャウ【肺活量】

〘名〙 最大吸気時から努力して最大呼気時に至る間に呼出する空気の量。成人男子で三〇〇〇~四〇〇〇cc、女子で二五〇〇~三五〇〇cc程度が標準。肺気量。肺量。
※寄生木(1909)〈徳富蘆花〉中「幼年学校の体格検査に、年少気鋭の生徒等は蒼くなり赤くなり肺活量の多からんことを競ふたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の肺活量の言及

【呼吸】より

…呼吸筋として横隔膜がおもに働く場合を腹式呼吸,肋間筋が主体となる場合を胸式呼吸というが,自然の呼吸運動では両方が共存している。おおよそ,肺活量の2/3が横隔膜の運動に,1/3が胸郭の運動によっている。男子では女子に比べて腹式呼吸の割合が大きく,とくに高齢者ではこの割合がさらに大きくなるが,これは加齢による胸郭の伸展性の減少のためと考えられている。…

※「肺活量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肺活量の関連情報