必須アミノ酸指数

栄養・生化学辞典の解説

必須アミノ酸指数

 タンパク質の栄養価を判定する指標の一つで,下の式で与えられる.すなわち,各必須アミノ酸の含量を相乗平均したもの.

 Lyssは試験タンパク質のリシン含量,Lyseは卵のタンパク質のリシン含量.以下,すべての必須アミノ酸について比をとる.ただし,メチオニンにはシスチンを加える.フェニルアラニンにはチロシンを加える.

 含量が0の場合は1%とする.100%を越えたときは,100%とする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android