栄養価(読み)えいようか

精選版 日本国語大辞典「栄養価」の解説

えいよう‐か エイヤウ‥【栄養価】

〘名〙 食物栄養的価値。蛋白質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどの成分のと量によって表わす。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉一二「一日約三千五百カロリーの営養価を有する食物を摂取」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「栄養価」の解説

えいよう‐か〔エイヤウ‐〕【栄養価】

食品の栄養としての価値。たんぱく質・脂肪・炭水化物・ビタミン・無機物質・繊維質などの成分の質と量によって表すが、消化吸収率に左右される。
[類語]栄養滋養養分人工栄養栄養分栄養素炭水化物含水炭素糖質糖類澱粉蛋白質アミノ酸ゼラチンコラーゲン脂肪・脂肪分・脂質ビタミンミネラル灰分無機質食物繊維

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android