相乗(読み)ソウジョウ

  • あいの・る あひ‥
  • そうじょう サウ‥
  • そうじょう〔サウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
二つ以上の数を掛け合わせること。また、その積。
二つ以上の要因が同時に働くこと。「音響と照明とが相乗する演出効果」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ四〙 (「あい」は接頭語) 一つの乗り物にいっしょに乗る。同乗する。
※伊勢物語(10C前)三九「その宮の隣なりけるをとこ、御葬(はぶり)見むとて女車にあひのりて出でたりけり」
〘名〙 二個以上の数を掛け合わせること。
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉二「相除の対照でもなければ相乗の対照でもない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相乗の関連情報