コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志々目献吉(読み)ししめ けんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志々目献吉 ししめ-けんきち

?-? 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久2年(1862)田中新兵衛,鵜木(うのき)孫兵衛らとともに尊攘(そんじょう)派を弾圧した九条家の家士島田左近暗殺,その首を京都四条河原にさらした。これ以降,天誅(てんちゅう)と称する暗殺が続発した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

志々目献吉

生年:生没年不詳
幕末の薩摩(鹿児島)藩士。刺客。文久2(1862)年7月20日,田中新兵衛,鵜木孫兵衛らと共に九条家家士島田左近を殺害し,その首を京四条河原にさらした。京における,天誅という名の尊攘派による暗殺事件の初めである。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android