コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志々目献吉 ししめ けんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志々目献吉 ししめ-けんきち

?-? 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久2年(1862)田中新兵衛,鵜木(うのき)孫兵衛らとともに尊攘(そんじょう)派を弾圧した九条家の家士島田左近暗殺,その首を京都四条河原にさらした。これ以降,天誅(てんちゅう)と称する暗殺が続発した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

志々目献吉

生年:生没年不詳
幕末の薩摩(鹿児島)藩士。刺客。文久2(1862)年7月20日,田中新兵衛,鵜木孫兵衛らと共に九条家家士島田左近を殺害し,その首を京四条河原にさらした。京における,天誅という名の尊攘派による暗殺事件の初めである。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

志々目献吉の関連キーワード生年

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android