コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条家 くじょうけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九条家
くじょうけ

藤原氏の一支族。五摂家の一つとして代々摂政,関白に任じられることが多かった。関白藤原忠通の子兼実に始る。兼実は源頼朝と提携し,朝廷における親幕府勢力の第一人者として京都で活動したが,苦境のうちに没した。兼実の孫道家も幕府と結び,子の頼経を4代将軍として鎌倉に送った。道家の男子のうち良実は二条家の祖,実経一条家の祖となり,兼実の兄基実の子孫である近衛,鷹司両家と合せて五摂家を形成した。明治維新を経て道孝のときに,華族令により公爵を授けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

九条家【くじょうけ】

藤原氏北家(ほっけ)の嫡流五摂家(ごせっけ)の一つ。藤原忠通の三男兼実(かねざね)に始まる。九条家からは,兼実の孫道家の子良実(よしざね)・実経(さねつね)がそれぞれ二条家一条家を称して分立した。
→関連項目大野荘(徳島)九条兼実九条政基久留美荘慶政皇嘉門院彼杵荘大内裏図東福寺幡多荘日根荘船木田荘政基公旅引付若山荘輪田荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くじょうけ【九条家】

藤原氏北家の嫡流,五摂家の一つ。家号は始祖兼実の殿第に由来するが,また九条の坊名にちなんで陶化ともいう。平安時代後期に入って,摂政・関白と氏長者の地位は藤原道長の子孫御堂流の嫡流に定着したが,源頼朝は平家を討滅すると,平家と縁故の深い摂政近衛基通をしりぞけ,基通の叔父に当たる兼実を摂政,氏長者に推挙した。兼実はその後,土御門通親との権力争いに敗れて失脚したが,通親の没後,兼実の男良経が摂政となり,九条家の分立を確実にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九条家
くじょうけ

藤原氏北家(ほっけ)嫡流。五摂家(ごせっけ)の一つ。関白忠通(ただみち)の三男で、京都九条殿に住んだ兼実(かねざね)が、鎌倉初期に源頼朝(みなもとのよりとも)と結び、摂政(せっしょう)・関白になって興した家。近衛(このえ)家と並んで五摂家の双璧(そうへき)となった。同じ五摂家の二条(にじょう)・一条(いちじょう)家は兼実の孫道家(みちいえ)から分かれた家である。広大な家領(けりょう)を所有し、代々摂関として近世末まで宮廷政治の重鎮であった。鎌倉幕府の摂家将軍といわれる頼経(よりつね)、頼嗣(よりつぐ)は九条家出身である。江戸時代の家領は2000石、のち3000石。幕末関白となった尚忠(ひさただ)は佐幕派となり、反対派のため辞職。孫道孝(みちたか)は明治維新に官軍の奥羽鎮撫(おううちんぶ)総督として活躍、明治維新後公爵を授けられた。貞明皇后(ていめいこうごう)は道孝の四女。豊富な文書典籍は現在宮内庁書陵部に蔵され、その一部は同部編『九条家文書』として刊行された。[飯倉晴武]

九条家領

九条家の所領荘園(しょうえん)など。摂関家領のうちには、代々の氏長者(うじのちょうじゃ)が引き継ぎ管理する殿下渡領(でんかのわたりりょう)と、処分可能な私領としての狭義の家領がある。摂関家領の荘園群は藤原忠実(ただざね)・忠通(ただみち)の時代に集積と整備が進み、鎌倉初期、兼実(かねざね)・基通(もとみち)のときに九条・近衛(このえ)両家が分立する。九条家領の中心となったのは、兼実の妹皇嘉門院聖子(こうかもんいんせいし)が1180年(治承4)に兼実の子良通(よしみち)に譲った所領で、その内訳は、最勝金剛院(さいしょうこんごういん)領11か所、九条領34か所、近江国(おうみのくに)寄人(よりゅうど)、3か国(和泉(いずみ)、摂津(せっつ)、近江)大番舎人(おおばんとねり)などであった。鎌倉初期の政局と絡んで、九条・近衛両家の対立は激しいものがあったが、兼実は1204年(元久1)に至って惣処分状(そうしょぶんじょう)を作成し、所領の保全を図っていく。総計60か所の荘園のうち、宜秋門院任子(ぎしゅうもんいんじんし)(後鳥羽天皇(ごとばてんのう)の中宮)に47か所、摂政(せっしょう)良経(よしつね)に3か所、御堂御前(みどうごぜん)(故良通の室)に9か所、竜姫御前(たつひめごぜん)に1か所が、それぞれ与えられている。任子への大量の処分は、政治的配慮を秘めたものと考えられる。嫡子良通は翌々1206年(建永1)に没し、九条家領はあげて道家(みちいえ)に継承された。道家のとき九条家は極盛を迎えるが、その晩年は西園寺(さいおんじ)家の隆盛などもあって振るわず、1250年(建長2)その所領の確保のために惣処分状が作成される。その総計は112か所に上り、宣仁門院彦子(せんにんもんいんげんし)(四条天皇の女御(にょうご))4か所、近衛北政所(このえのきたのまんどころ)仁子(兼経の室)2か所、九条禅尼(ぜんに)(教実(のりざね)の室)10か所、尚侍殿(子)17か所、前摂政(一条実経)40か所、右大臣(九条忠家)26か所、姫君2か所、東福寺3か所、最勝金剛院6か所、普門院1か所、光明峯寺(こうみょうぶじ)1か所がその内訳である。なお、このうち一条実経に譲与された所領は、のち一条家領成立の際にその基礎となり、九条忠家に譲与された所領が、のちに女子一期分(いちごぶん)を吸収して九条家領の中心となっていった。
 以後、鎌倉末から南北朝期の動乱のなかで、家領は徐々に衰微し、1396年(応永3)にはわずかに16か所が当知行(とうちぎょう)分として残存するにすぎない。戦国時代末期の家領目録には21か所を載せているが、すでに形骸(けいがい)を示すにすぎなかった。[棚橋光男]
『飯倉晴武「九条家領の成立と道家惣処分状について」(『書陵部紀要』29号所収・1978・宮内庁)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の九条家の言及

【一条家】より

…家号は始祖実経の殿第に由来するが,また一条の坊名にちなんで桃華ともいう。鎌倉時代の初め,藤原摂関家は,忠通の後が基実流の近衛家と,兼実流の九条家に分かれたが,九条家は,兼実が源頼朝の推挙により摂関の座について以来,源氏将軍家との結び付きを強め,さらに兼実の孫道家に至って全盛期を迎えた。道家はみずから再三摂関に就任したばかりでなく,教実,良実2子を相ついで摂関に任じ,さらに1246年(寛元4)良実に強要して関白を弟の実経に譲らせ,ついでこれを摂政とした。…

※「九条家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九条家の関連キーワード二条家(五摂家)上野国交替実録帳藤原光経(1)志々目献吉日根荘遺跡富小路俊通田中新兵衛宇郷玄蕃九条頼嗣九条稙基九条良通藤原範宗狩野永岳島田左近朝山清常島田正辰九条忠家朝山敦綱佐竹宣尚谷暘卿

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android