コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志村 源太郎 シムラ ゲンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

志村 源太郎
シムラ ゲンタロウ

明治・大正期の農務官僚,実業家 日本勧業銀行総裁;貴院議員(勅選)。



生年
慶応3年3月1日(1867年)

没年
昭和5(1930)年8月23日

出生地
甲斐国人志村(山梨県)

学歴〔年〕
東京帝大法科大学〔明治22年〕卒

経歴
明治22年駒場農林学校教授、23年農商務省に移り参事官書記官、特許局審判官、製鉄所事務官を経て30年工務局長。31年辞任、日本勧業銀行相談役を務めた後、横浜正金銀行に転じ、海外支店の検査役。35年再び日本勧業銀行に戻り副総裁、44年総裁。大正11年勅選貴院議員。小作調査会特別委員長、産業組合中央会会頭、帝国農業会評議員、蚕糸業組合中央会会長、大日本米穀会会頭などを務めた。また東京商業会議所特別議員のほか日本窒素肥料、富士瓦斯紡績、富士電力などの重役を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

志村 源太郎
シムラ ゲンタロウ


肩書
貴院議員(勅選),日本勧業銀行総裁

生年月日
慶応3年3月1日(1867年)

出生地
甲斐国人志村(山梨県)

学歴
東京帝大法科大学〔明治22年〕卒

経歴
明治22年駒場農林学校教授、23年農商務省に移り参事官、書記官、特許局審判官、製鉄所事務官を経て30年工務局長。31年辞任、日本勧業銀行相談役を務めた後、横浜正金銀行に転じ、海外支店の検査役。35年再び日本勧業銀行に戻り副総裁、44年総裁。大正11年勅選貴院議員。小作調査会特別委員長、産業組合中央会会頭、帝国農業会評議員、蚕糸業組合中央会会長、大日本米穀会会頭などを務めた。また東京商業会議所特別議員のほか日本窒素肥料、富士瓦斯紡績、富士電力などの重役を務めた。

没年月日
昭和5年8月23日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

志村 源太郎 (しむら げんたろう)

生年月日:1867年3月1日
明治時代;大正時代の銀行家。貴族院議員
1930年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

志村 源太郎の関連キーワード高木 利太渡辺義郎銀行家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android