書記官(読み)ショキカン

デジタル大辞泉の解説

しょき‐かん〔‐クワン〕【書記官】

旧制で、内閣・各省・都道府県庁・貴族院衆議院などにおいて、長官を補佐して文書の作成や審案などの事務を職務としていた高等官
裁判所書記官」の略。
外交官の一。外交事務に従事する者。
[補説]書名別項。→書記官

しょきかん【書記官】[書名]

川上眉山の短編小説。明治28年(1895)「太陽」誌に掲載。観念小説の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょきかん【書記官】

旧制で、内閣・各省・議会両院や地方官庁などで、事務を分掌した奏任官。
「裁判所書記官」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょき‐かん ‥クヮン【書記官】

〘名〙
① 記録を司る役。書記。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「製述官成琬・書記官李聃齢ならびに裨将洪世泰などいふものどもにあひて」
旧制で、各行政官庁において、長官を補佐し、その事務を分担する奏任官。書記。
各省官制通則(明治二三年)(1890)一五条「各省職員を置く左の如し。次官 局長 参事官 秘書官 書記官」
③ 主として外交事務に従事する外交官の名称の一つ。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武例言「大使の西航する、書記官は使命公務の文書を纂め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の書記官の言及

【書記】より

…かつてはその技能をもつのはごく限られた人々であり,古代エジプトでは書記は各分野で重要な役割を果たす官職として尊ばれていた。これがダビデ王時代のユダヤに伝えられ,旧約聖書では〈書記官〉と記されている。ラテン語では〈書く〉を語源とするscribaという語があてられるが,ユダヤ教の教典を記録し解釈する人という意味から,新約聖書では〈律法学者〉の訳が用いられている。…

※「書記官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

書記官の関連情報