コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書記官 ショキカン

3件 の用語解説(書記官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょき‐かん〔‐クワン〕【書記官】

旧制で、内閣・各省・都道府県庁・貴族院衆議院などにおいて、長官を補佐して文書の作成や審案などの事務を職務としていた高等官
裁判所書記官」の略。
外交官の一。外交事務に従事する者。
[補説]書名別項。→書記官

しょきかん【書記官】[書名]

川上眉山短編小説。明治28年(1895)「太陽」誌に掲載。観念小説の傑作として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の書記官の言及

【書記】より

…かつてはその技能をもつのはごく限られた人々であり,古代エジプトでは書記は各分野で重要な役割を果たす官職として尊ばれていた。これがダビデ王時代のユダヤに伝えられ,旧約聖書では〈書記官〉と記されている。ラテン語では〈書く〉を語源とするscribaという語があてられるが,ユダヤ教の教典を記録し解釈する人という意味から,新約聖書では〈律法学者〉の訳が用いられている。…

※「書記官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

書記官の関連情報