コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志田義広 しだよしひろ

2件 の用語解説(志田義広の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志田義広
しだよしひろ

[生]?
[没]寿永3(1184).5.4. 伊賀,羽取山
平安時代末期の武将。源為義の子,頼朝の叔父。寿永2 (1183) 年常陸国で反頼朝の兵をあげたが敗れ,源義仲に頼り,のち大内惟義らに滅ぼされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志田義広 しだ-よしひろ

源義広(みなもとの-よしひろ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の志田義広の言及

【常陸国】より

…このため同氏の勢力は鎌倉時代の初めから徐々に退潮をみせ,かわって下野の豪族宇都宮氏の庶流や下河辺(しもこうべ)氏(秀郷流藤原氏)の一族が進出を始める。83年(寿永2)の志(信)田義広(源義広)の乱ののち,国府を含む南郡の惣地頭職は下河辺行平に与えられ,また常陸守護には八田知家が任じられた。89年(文治5)の奥州藤原氏の征討,93年(建久4)の常陸大掾多気(たけ)義幹の没落,北条氏と近い吉田郡内を本拠としていた馬場大掾氏の台頭と八田氏(小田(おだ)氏)の筑波山周辺の地域への進出など,新旧勢力の交替は著しい。…

※「志田義広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志田義広の関連キーワードエヌ元暦没・歿勃・歿・没三角数越後中太平清房手塚光盛本田次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone