伊賀(読み)いが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊賀
いが

三重県北西部,伊賀市北東部の旧町域。上野盆地北東端に位置する。 1955年西柘植村,壬生野村が合体,春日村となる。 1942年東柘植村が柘植町に改称。 1959年春日村,柘植町が合体して伊賀町となる。 2004年上野市,島ヶ原村,阿山町, 大山田村, 青山町と合体して伊賀市となった。農林業がおもで,肉牛飼育やシイタケ栽培も行なわれる。名阪国道 (国道 25号線) が通じてからは電機,縫製などの工場が進出。松尾芭蕉の生誕地説がある。東部に霊山 (766m) があり,ハイキングコースが通じる。中心地区は古い歴史をもつ柘植万寿寺には国の重要文化財の地蔵菩薩像がある。最北部は鈴鹿国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀 いが

1637-1714 江戸時代前期-中期の女性。
寛永14年生まれ。良純入道親王の娘。配流の父にしたがい,10歳から甲斐(かい)(山梨県)天目山ですごす。和歌にすぐれ,その縁で寛文元年(1661)肥前小城藩(佐賀県)藩主鍋島直能(なべしま-なおよし)の後妻となり,翌年久丸(のちの3代藩主元武(もとたけ))を生んだ。正徳(しょうとく)4年7月26日死去。78歳。法名は長寿院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いが【伊賀】

旧国名の一。三重県西部にあたる。伊州。
三重県北西部の市。古くから京都・奈良と、伊勢を結ぶ交通の要衝。伊賀流忍者の発祥地、松尾芭蕉の生地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊賀
いが

三重県中西部、阿山(あやま)郡にあった旧町名(伊賀町(ちょう))。現在は伊賀市の北部東側を占める一地域。1955年(昭和30)西柘植(にしつげ)、壬生野(みぶの)の2村が合併して春日(かすが)村設置、1959年柘植町と春日村が合併して成立。2004年(平成16)上野市、阿山町、青山町、島ヶ原村、大山田村と合併、伊賀市となる。名称の「伊賀」は旧国名によった。旧町域は、上野盆地の北東端に位置し、中央を柘植川が西流し、北は滋賀県との境をなす低い丘陵に、東は鈴鹿(すずか)山脈と布引(ぬのびき)山地にくぎられる。JR関西本線が通じ、JR柘植駅で草津線が分岐する。柘植は古くから伊賀、伊勢(いせ)の接点で大和(やまと)街道(国道25号)の宿場であった。この街道に沿って名阪国道が走り、農業と畜産を主とする農村に工場やゴルフ場の立地をもたらした。松尾芭蕉(ばしょう)生誕地説があり、碑が立てられている。万寿寺の地蔵菩薩坐像(じぞうぼさつざぞう)は国指定重要文化財。鈴鹿国定公園の特別地域に指定されている余野公園はツツジの名所として知られる。[伊藤達雄]
『『伊賀町史』(1979・伊賀町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊賀の関連情報