コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源義広 みなもとの よしひろ

2件 の用語解説(源義広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源義広 みなもとの-よしひろ

?-1184 平安時代後期の武将。
源為義の3男。本拠は常陸(ひたち)(茨城県)信太(しだ)郷。源頼朝と対立し,寿永2年(1183)足利忠綱とともに挙兵したが小山朝政(おやま-ともまさ)の奇襲に敗れた。以後源義仲たより,義仲の敗死で伊勢(いせ)(三重県)にのがれ元暦(げんりゃく)元年5月4日討ち死に。初名は義範(憲)。通称は志田三郎先生(せんじょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのよしひろ【源義広】

?‐1184(元暦1)
平安末~鎌倉初期の武将。源為義の三男。義朝の弟。母は六条大夫重俊の娘。本名義憲。常陸国志田(信太)(しだ)(現,茨城県稲敷(いなしき)郡)に住し志田三郎先生(せんじよう)と号する。1180年(治承4)11月弟源行家とともに甥の頼朝を常陸国府に訪ねたが,いれられなかったらしい。83年(寿永2)閏2月,平氏追討のため手薄になった鎌倉の隙を狙って突如挙兵,下野に入ったが,小山(おやま)一族のために敗退。その後源義仲に従って上洛し右衛門尉に任ぜられたが,84年(元暦1)源義経・範頼軍と戦って敗れ逐電,5月4日伊勢羽取山で討たれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源義広の関連キーワード郢曲餓鬼草紙随兵元暦雑談御正体一条忠頼惟宗宅磨為久武田信義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone