コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志野陶 しのとう

1件 の用語解説(志野陶の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しのとう【志野陶】

桃山時代に現岐阜県東濃地域で焼かれた雅陶の一種。淡黄白色のざんぐりとした素地に長石単味の乳濁釉を施し,簡素な鉄絵を加える。柚子肌(ゆずはだ)の釉のところどころ,および露胎部に赤い火色の出たものが好まれた。器種は茶碗,花生,水指,建水などの茶陶を主とし,鉢,皿,向付,猪口などの食器類のほか,香合(こうごう),油盞などさまざまのものがある。種類には,(1)文様のない無地志野,(2)釉下に鉄絵を施した絵志野(えしの),(3)素地に鉄分の多い泥漿(でいしよう)を施し,搔落し文様を施して長石釉をかけた鼠志野(ねずみしの),(4)やや鉄分の少ない泥漿をかけ,長石釉を施して赤く発色させた赤志野,(5)鉄分の多い土と白色の土を練り上げてつくった練上志野(ねりあげしの)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志野陶の関連キーワード安土桃山時代影青砧青磁御本茶碗志野焼桃山時代関ヶ原朝鮮唐津美濃焼北美濃地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone