忘却曲線(読み)ぼうきゃくきょくせん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

忘却曲線

ある事柄を記憶した後、時間をおいたらどの程度思い出せるか、についての実験結果を図示したもの。1885年、ドイツの心理学者エビングハウスによって以下のように実験が行われた。 まず、一連の無意味つづりを完全に暗記する(原学習)。その後、一定の時間間隔をおいて再び学習し直す(再学習)。そのとき記憶がどの程度残っているかデータをとる。さらに、再学習では原学習で要した時間の何パーセントが節約できたかを測定する。この結果を表わしたのが「忘却曲線」。 一般に、忘却は原学習の直後に急速に進み、それ以後一定の水準を保つとされる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼうきゃく‐きょくせん バウキャク‥【忘却曲線】

〘名〙 記憶したことが、時間の経過によって、どのように忘却されてゆくかを示す曲線。ドイツの心理学者エビングハウスが一八八五年に最初に見出した。最初急速に下降し、時間がたつとともに徐々に低下する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の忘却曲線の言及

【忘却】より

…学習効果の減弱も一種の忘却である。記憶の保持は時間とともに減少し,忘却率が増大する(エビングハウスの〈忘却曲線〉)。無意味な,関心の薄いものは忘れやすく,感動的体験や反復記銘は保持を良くする。…

※「忘却曲線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忘却曲線の関連情報