コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応々 おうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応々 おうおう

?-1842 江戸時代後期の俳人。
俳人鈴木道彦の妻。夫の死後,剃髪(ていはつ)して応々尼と称し,夫の号「金令舎」をついで点者生活をおくる。亡夫三周忌の追善集「はなはかま」のほか「道彦七部集」などをあんだ。天保(てんぽう)13年3月27日死去。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

応々の関連キーワードホイ・エンチン骨身に沁みる仏日常光国師否でも応でも観応の擾乱答ふ・応ふ否が応でも貞蓮社源誉賀茂在弘足利義量永楽要約連歌新式文応女王二条尚基明応地震通陽門院永応女王雲洞庵馬異才葛飾栄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android