コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応々 おうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応々 おうおう

?-1842 江戸時代後期の俳人。
俳人鈴木道彦の妻。夫の死後,剃髪(ていはつ)して応々尼と称し,夫の号「金令舎」をついで点者生活をおくる。亡夫三周忌の追善集「はなはかま」のほか「道彦七部集」などをあんだ。天保(てんぽう)13年3月27日死去。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

応々の関連キーワード柳亭種彦キネーアフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学香港特別行政区恐竜探偵小説

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone