応神陵古墳(読み)オウジンリョウコフン

デジタル大辞泉の解説

おうじんりょう‐こふん【応神陵古墳】

大阪府羽曳野(はびきの)市誉田(こんだ)にある、応神天皇陵と伝える5世紀の古墳。日本最大級の前方後円墳で、長さ420メートル、高さ35メートル。誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android