誉田御廟山古墳(読み)こんだごびょうやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

こんだごびょうやまこふん【誉田御廟山古墳】


大阪府羽曳野(はびきの)市誉田にある古墳。誉田山古墳ともいう。古市(ふるいち)古墳群の中心となる前方後円墳で、墳丘の長さは約425m、大仙陵古墳に次ぐ大きさを誇る。宮内庁によって応神(おうじん)天皇陵に治定(じじょう)されており、内濠と内堤から内側を宮内庁が管理し、外濠と外堤は民有地であったが、1978年(昭和53)に古市古墳群の一部として国の史跡に指定された。陵名は恵我藻伏岡陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。築造したときの土の量は約143万m3にものぼって大仙陵古墳を上回り、規模は前方部幅約330m、高さ約35m、後円部の直径は約267m、高さ約36m。3段築成で、斜面には一面に葺石(ふきいし)があり、テラスと呼ばれる平坦部には約2万基におよぶ円筒埴輪(はにわ)が立っていたと考えられる。2重の周濠がめぐり、東側は先に造られた二ツ塚古墳を避けて少しいびつな形になっている。埴輪の種類も多いが、ほかにも内濠からはクジラ・タコ・イカなど魚形の土製品が出土している。5世紀前半の築造と考えられ、すぐ近くには応神天皇を祭神とする誉田八幡宮がある。近畿日本鉄道南大阪線土師ノ里(はじのさと)駅から徒歩約12分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

誉田御廟山古墳
こんだごびょうやまこふん

大阪府羽曳野 (はびきの) 市にある,応神天皇墳墓といわれる巨大古墳
応神陵古墳ともいう。古墳時代中期の前方後円墳で,全長418m,後円部径267m,前方部幅330m,後円部高さ36m。2重のをめぐらし,大山古墳仁徳陵古墳)につぐ日本第2位の大きさを誇っている。数多くの陪冢 (ばいちよう) をもつ。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報