コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誉田御廟山古墳 ほんだごびょうやまこふん

2件 の用語解説(誉田御廟山古墳の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

誉田御廟山古墳【ほんだごびょうやまこふん】

応神陵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国指定史跡ガイドの解説

こんだごびょうやまこふん【誉田御廟山古墳】


大阪府羽曳野(はびきの)市誉田にある古墳。誉田山古墳ともいう。古市(ふるいち)古墳群の中心となる前方後円墳で、墳丘の長さは約425m、大仙陵古墳に次ぐ大きさを誇る。宮内庁によって応神(おうじん)天皇陵に治定(じじょう)されており、内濠と内堤から内側を宮内庁が管理し、外濠と外堤は民有地であったが、1978年(昭和53)に古市古墳群の一部として国の史跡に指定された。陵名は恵我藻伏岡陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。築造したときの土の量は約143万m3にものぼって大仙陵古墳を上回り、規模は前方部幅約330m、高さ約35m、後円部の直径は約267m、高さ約36m。3段築成で、斜面には一面に葺石(ふきいし)があり、テラスと呼ばれる平坦部には約2万基におよぶ円筒埴輪(はにわ)が立っていたと考えられる。2重の周濠がめぐり、東側は先に造られた二ツ塚古墳を避けて少しいびつな形になっている。埴輪の種類も多いが、ほかにも内濠からはクジラ・タコ・イカなど魚形の土製品が出土している。5世紀前半の築造と考えられ、すぐ近くには応神天皇を祭神とする誉田八幡宮がある。近畿日本鉄道南大阪線土師ノ里(はじのさと)駅から徒歩約12分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

誉田御廟山古墳の関連キーワード羽曳野しらとりの郷・羽曳野大阪府羽曳野市伊賀大阪府羽曳野市誉田大阪府羽曳野市野大阪府羽曳野市埴生野大阪府羽曳野市羽曳が丘大阪府羽曳野市羽曳が丘西大阪府羽曳野市はびきの大阪府羽曳野市

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone