応神天皇陵(読み)おうじんてんのうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応神天皇陵
おうじんてんのうりょう

大阪府羽曳野市古市にある応神天皇が被葬者とされる古墳誉田御廟山古墳,誉田恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)ともいわれる。所在地,規模については『古事記』や平安時代の『延喜式』にもみえ,5世紀前半の築造と考えられる。墳墓の形式は前方後円墳で,墳丘の全長約 425m,後円部の直径約 250m,後円部の高さ約 35m,前方部の幅約 300m,前方部の高さ約 36m。本来は二重堀であったらしく,随所外堀痕跡がみられる。仁徳天皇陵(大仙古墳)に次ぐ大きさをもっているが,土の量ではまさっており,当時の大和政権(大和朝廷)の権威を象徴する。江戸時代に応神天皇陵の陪塚から金銅製馬具が出土し,国宝指定されている。墳丘や中堤には円筒埴輪の列があるほか,水鳥などをかたどった諸種の埴輪も出土している。2019年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応神天皇陵
おうじんてんのうりょう

恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。誉田陵(こんだりょう)ともいう。大阪府羽曳野(はびきの)市誉田にある前方後円墳、誉田山古墳が応神陵に比定されている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おうじんてんのう‐りょう オウジンテンワウ‥【応神天皇陵】

大阪府羽曳野(はびきの)市誉田(こんだ)にある応神天皇の陵。古市古墳群に属する前方後円墳。全長四一五メートル。封土量は一四三万三九六〇立方メートルで、容積では日本最大の古墳といわれる。濠を巡らし、周辺に数基の陪塚(ばいちょう)がある。きぬがさ、家形、水鳥などの形象埴輪が出土している。五世紀初めの築成と推定。誉田山古墳。誉田御廟山古墳。誉田陵。恵我藻伏岡陵(えがのもふしのおかのみささぎ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android