コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応神天皇陵 おうじんてんのうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応神天皇陵
おうじんてんのうりょう

誉田御廟山古墳,誉田陵,恵我藻伏崗 (えがのもふしのおか) 陵ともいわれる。応神天皇を葬ったといわれる大阪府羽曳野市誉田にある墳墓。この陵の所在地,規模については『古事記』や平安時代の『延喜式』にもみえ,5世紀前半の築造と考えられる。前方後円墳で,墳丘長約 415~430m,後円部径約 267m,高さ約 36m,前方幅約 330m,高さ約 35m (復元) で,本来は二重堀であったらしく,随所に外堀の痕跡がみられる。仁徳天皇陵に次ぐ大きさをもっているが,土の量ではこれよりまさっており,王朝の権威を象徴するものである。応神陵陪塚 (ばいちょう) から江戸時代に金銅製馬具が出土し,これは現在国宝に指定されている。陵の墳丘や中堤には円筒埴輪の列がみられ,そのほか水鳥など諸種埴輪も出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうじんてんのうりょう【応神天皇陵】

応神天皇の陵に比定される前方後円墳。大阪府羽曳野市誉田こんだにある全長約420メートルで、仁徳天皇陵に次ぐ日本第二の大型古墳。誉田山古墳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

おうじんてんのうりょう【応神天皇陵】


誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応神天皇陵
おうじんてんのうりょう

恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。誉田陵(こんだりょう)ともいう。大阪府羽曳野(はびきの)市誉田にある前方後円墳、誉田山古墳が応神陵に比定されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

応神天皇陵の関連キーワード恵我藻伏崗陵誉田八幡宮竹ノ内街道大阪(府)応神陵古墳田辺伯孫羽曳野市墓山古墳河内国古市

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android