忠死(読み)チュウシ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐し【忠死】

[名](スル)忠義のために死ぬこと。
「国家のために―する武士の」〈鴎外・堺事件〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうし【忠死】

( 名 ) スル
忠義を尽くして死ぬこと。死んで忠誠を示すこと。 「主君のために-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐し【忠死】

〘名〙 死によって国家・主君へのまごころを示すこと。
太閤記(1625)二「輝元に対しては忠死、諸人之命に代るは仁死なれば、何をか恨み何をか欺かんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android