コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠死 チュウシ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐し【忠死】

[名](スル)忠義のために死ぬこと。
「国家のために―する武士の」〈鴎外・堺事件〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうし【忠死】

( 名 ) スル
忠義を尽くして死ぬこと。死んで忠誠を示すこと。 「主君のために-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忠死の関連キーワード恋女房染分手綱戸田康長三浦正次安井道頓鳥居忠政土井利勝稲葉正勝永井尚政青山氏忠誠主君忠義宗長

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠死の関連情報