コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太閤記 たいこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太閤記
たいこうき

江戸時代前期の準軍記物語。英雄伝記物語。小瀬 (おぜ) 甫庵作。 22巻。寛永2 (1625) 年成立。太田牛一の『大かうさまくんきのうち』を基に,大村由己の『天正記』などの文献を参考にして,太閤豊臣秀吉の生涯を叙述したもの。全体に儒教精神があふれている。後代文学への影響は大きく,浮世草子黄表紙洒落本などにも「何々太閤記」などと題するものが少くない。なお,刊本には朝山意林庵の跋が付されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいこう‐き〔タイカフ‐〕【太×閤記】

豊臣秀吉の一代記の総称。寛永3年(1626)ごろ成立の小瀬甫庵(おぜほあん)著「甫庵太閤記」22巻がその代表的なもの。史料的価値の高い川角(かわすみ)三郎右衛門著「川角太閤記」5巻のほかに、「絵本太閤記」「真書太閤記」が流布。浄瑠璃には近松門左衛門の「本朝三国志」や近松柳らの「絵本太功記」、歌舞伎には4世鶴屋南北の「時桔梗出世請状(ときもききょうしゅっせのうけじょう)」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太閤記【たいこうき】

豊臣秀吉の一代記。小瀬甫庵の作。1625年自序。大村由己《天正記》,太田牛一の諸記録,古老の談話を素材にしているが,事実の記述よりも甫庵の歴史観・政治観による解釈・批判に重点があり,引用史料の改変もなされている。
→関連項目軍記

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうき【太閤記】

豊臣秀吉の伝記物語。小瀬甫庵(おせほあん)作。22巻。1625年(寛永2)の自序があるが,執筆は元和年間(1615‐24)にさかのぼるといわれる。構成は2部から成る。すなわち巻一~三に秀吉の素生と織田部将時代の事跡,巻四~九は小牧・長久手の戦に至る政権掌握の過程,巻十,十二に九州の役と小田原の役,巻十一に聚楽第行幸,巻十三~十五に文禄の役,巻十六に晩年の事跡を収め,この巻まではほぼ編年体的構成をとっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいこうき【太閤記】

豊臣秀吉の一代を扱った伝記の総称。数種あるが、史料的価値が比較的高いのに小瀬甫庵おぜほあん著「甫庵太閤記」二二巻、川角かわずみ三郎右衛門著「川角太閤記」五巻がある。通俗的に太閤記を集大成して最も流布し影響の大きかったものに「真書太閤記」「絵本太閤記」があり、これらに取材した浄瑠璃に、近松門左衛門作の「本朝三国志」、近松柳ら作の「絵本太功記」、歌舞伎に四世鶴屋南北作の「時桔梗出世請状ときもききようしゆつせのうけじよう」などがある。豊臣記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太閤記
たいこうき

太閤豊臣(とよとみ)秀吉の伝記。早くお伽衆(とぎしゅう)大村由己(ゆうこ)が、秀吉の命令により、その天下統一を賛美して天正(てんしょう)年間(1573~92)の事績を記録した『天正(てんしょう)記』(うち九巻が現存)、織田信長、秀吉に仕え『信長(しんちょう)記』の著もある太田牛一(おおたぎゅういち)が、秀吉の功業を覚え書き風に記録した『太閤軍記』(その一部が『太閤さま軍記のうち』として伝わる)、秀吉に仕えた田中吉政の家臣川角(かわすみ)三郎左衛門の著かともいわれる、秀吉の天下統一を覚え書きと聞き書きをもって記した『川角太閤記』五巻があるが、これら先行の「太閤記」を集成したのが小瀬甫庵(おぜほあん)の『太閤記』22巻である。
 先行の「太閤記」のほか『幽斎道之記(ゆうさいみちのき)』などの記録、書翰(しょかん)、巷説(こうせつ)をも取り入れて構成、1625年(寛永2)に擱筆(かくひつ)。年月順に記しながら、回想、後日談などを挿入、秀吉の治政を賛美し、秀吉の側からみた治乱の記、栄華の物語をなすが、相手側の柴田(しばた)勝家、北条氏政(ほうじょううじまさ)、豊臣秀次(ひでつぐ)らの悲劇をも哀感をもって描く。高麗(こうらい)、唐土の外征などに関して、儒教思想をもって、秀吉の善は善としながら悪は悪として批判も行う。巻一から巻16まではその太閤の正伝、巻17は関白秀次の事件、巻18、19は山中鹿之助(しかのすけ)など戦国武将の列伝、巻20、21は、1616年(元和2)の執筆になる、治世のための八つの道を説く八物語であり、巻22は雑録である。
 文体は、記録体というよりは、作者自身の感情を交え、京都の人々の声、太閤伝説、異論・評をも借りて、成功者秀吉を語る物語の文体をなす。そのため朗読、講釈の語り物としても行われた。その意味で物語化した「太閤記」の源をなすもので、本書が絵入り、抜粋としても版を重ねるとともに、民話の手法をも用いて秀吉像が伝説的に巨大化していった。そのなかで作者未詳の『元禄(げんろく)太閤記』七巻、竹内確斎(岡田玉山画)の『絵本太閤記』七編84冊、さらに諸種太閤伝に注記・考証を施し古典をも借用して脚色を施した栗原柳庵(くりはらりゅうあん)の『真書(しんしょ)太閤記』360巻などがつくられた。これらは明治以後まで、史書、記録、草紙、歴史小説などに影響を与え続けた。[山下宏明]
『桑田忠親著『太閤記の研究』(1965・徳間書店) ▽同校訂『太閤記』(1971・新人物往来社) ▽荒木良雄著『安土桃山時代文学史』(1969・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太閤記の関連キーワード玉龍亭 一山(初代)木下蔭狭間合戦小笹リズム佐久間良子鈴木 勝彦宮野なつみ下げ墨む泉ピン子太閤伝説石坂浩二藤村志保旭堂南陵太閤記物矢田挿雲枚を銜む江崎孝坪和智惠子帝国文庫軍記物船大将

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太閤記の関連情報