思い川(読み)オモイガワ

デジタル大辞泉の解説

おもい‐がわ〔おもひがは〕【思い川】

福岡県太宰府天満宮の付近を流れる、御笠川の上流
思いが深く絶えることのないのを川にたとえていう語。
「―たえず流るる水の泡のうたかた人に逢はで消えめや」〈後撰・恋一〉
[補説]書名別項。→思ひ川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思い川の関連情報