思召付(読み)おぼしめしつき

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼしめし‐つき【思召付】

〘名〙 (「おもいつき(思付)」の尊敬語) 思い巡らしたり、ふと浮かんだりしたお考え。御着想。御考案。
※虎寛本狂言・財宝(室町末‐近世初)「是は一段と能い思召付で御座る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報