思和(読み)おぼしのどむ

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐のど・む【思和】

〘他マ下二〙 (「おもいのどむ(思和)」の尊敬語) 意識して心を落ち着かせなさる。気をおしずめになる。
※源氏(1001‐14頃)葵「よろづをおぼしのどめたる御心ならば、いとうれしうなむ」

おもい‐のどま・る おもひ‥【思和】

〘自ラ四〙 心がゆったりする。気分が落ち着く。
※源氏(1001‐14頃)総角「心より外にながらへば、少し思のどまりて聞えむ」

おもい‐のど・む おもひ‥【思和】

〘他マ下二〙 (「のどむ」はのんびりとさせる意) 意識して心を落ち着かせる。気をしずめる。
※源氏(1001‐14頃)総角「仏を念じ給へど、いとど思のどめむかたなくのみあれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android