思増(読み)おもいます

  • おもいま・す おもひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘自サ四〙 ますます恋しく思う。愛する気持がつのる。
※万葉(8C後)四・五九五「吾が命の全(また)けむかぎり忘れめやいや日に異(け)には念益(おもひます)とも」
[2] 〘他サ四〙
① いっそう大切に思う。他よりよいと思う。
※古今(905‐914)春下・七〇「待てといふに散らでしとまる物ならば何を桜に思まさまし〈よみ人しらず〉」
② 思う気持を強くする。
※伊勢物語(10C前)三三「葦辺より満ちくる潮のいやましに君に心を思ます哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android