古今(読み)ここん

精選版 日本国語大辞典「古今」の解説

こ‐こん【古今】

〘名〙 (「こん」は「今」の呉音)
と今。古いか新しいか。こきん。
万葉(8C後)二〇・四二九九「年月はあらたあらたにあひ見れどあが思(も)ふ君は飽きだらぬかも 古今未詳」
※類従本海道記(1223頃)菊川より手越「古今をへだつる物はわが心の中懐なり」
② 昔から今までの間。昔から今に至るまでの歴史。
※家伝(760頃)上「明鑑古今、有国恒典
神皇正統記(1339‐43)下「古今にもきかず、和漢にも例なし」
※浮世草子・好色一代男(1682)七「こころは空に成て三所の二階を詠暮して、古今(ココン)稀成(まれなる)なぐさみ是成べしと」 〔史記‐呂不韋伝〕
③ (形動) 今も昔もならぶものがないこと。また、その人。古今無双
※正法眼蔵(1231‐53)仏経「黄檗は超越古今の古仏なり」
※浮世草子・男色大鑑(1687)七「古今(ココン)の女方と申してもくるしかるまじ」
[補注]「古今」は漢音「コキン」呉音「ココン」の二種のよみがあるが、「コキン」は「古今和歌集」の略称として用いられることが多く、普通名詞として「昔と今」を指すには「ココン」が用いられてきた。

こ‐きん【古今】

(「きん」は「今」の漢音)
[1] 〘名〙
① 昔と今。ここん。
※叢書本謡曲・伏見(1558頃)「古今(こきん)妙文の詠をのべん」
※雑俳・柳多留‐一五四(1838‐40)「祖母次郎左母突っ張に嫁古京(コキン)
※枕(10C終)六八「集は、古万葉、古今」

いにしえ‐いま いにしへ‥【古今】

[1] 〘名〙 昔と今。ここん。
源氏(1001‐14頃)若菜上「いにしへいまの御物がたり、いとよわげにきこえさせて」
[2] 「古今和歌集」のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古今」の解説

こ‐こん【古今】

昔と今。「古今を問わない」
昔から今日に至るまで。「古今を通じて最高の傑作」
昔から今に至るまで並ぶもののないこと。また、その人。「古今の名筆」

こ‐きん【古今】


昔と今。ここん。
古今雛(こきんびな)」の略。
古今和歌集」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android