コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今 コキン

デジタル大辞泉の解説

こ‐きん【古今】


昔と今。ここん。
古今雛(こきんびな)」の
古今和歌集」の略。

こ‐こん【古今】

昔と今。「古今を問わない」
昔から今日に至るまで。「古今を通じて最高の傑作」
昔から今に至るまで並ぶもののないこと。また、その人。「古今名筆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こきん【古今】

昔と今。ここん。
「古今和歌集」の略。

ここん【古今】

昔と今。昔から今まで。 「 -に例を見ない」 〔「古今こきん」は別語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古今の関連キーワード古今亭今輔(初代)二十一代集勅撰和歌集古今余材抄新続古今集夕さりつ方古今六帖続古今集下がり苔雷鳴の壺選歌合せ新古今集古今無双古往今来続万葉集前島白眼古今帽子鈴屋派三代集古今集

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古今の関連情報