思巡(読み)おぼしめぐらす

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐めぐら・す【思巡】

〘他サ四〙 (「おもいめぐらす(思巡)」の尊敬語) あれこれとお考えになる。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「まづ率て出でん所をおぼしめぐらすに」

おもい‐めぐら・す おもひ‥【思巡】

〘他サ五(四)〙 あれこれと考える。じっくり思案する。また、過去や未来の事をさまざまに思う。思いまわす。思いめぐらかす。
※竹取(9C末‐10C初)「猶この女見では、世にあるまじき心地のしければ、天竺に有る物ももて来ぬ物かはと思ひめぐらして」
※源氏(1001‐14頃)空蝉「いかにしてかかることぞと、のちに思めぐらさむも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報