天竺(読み)てんじく(英語表記)Tian-zhu; T`ien-chu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天竺
てんじく
Tian-zhu; T`ien-chu

インドをさす中国での古称インダス川をさす Sinduに由来する。魏・晋時代から唐初の玄奘のときまでよく使われ,その後は印度という呼称に取って代られた。日本では,インドは古来から明治にいたるまでこの呼称で呼ばれ,ブッダの生れた国として親しまれた。

天竺
てんじく

天竺木綿の略語。木綿の原産地インドの意で,インドから渡来したことによりこの名がある。英語ではティー・クロスという。経・緯糸に 20番手の生綿糸を使用した,経・緯糸密度のほぼ同じ荒い平織物。生,さらし,色地天竺などがある。敷布芯地などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんじく〔テンヂク〕【天竺】

中国および日本で用いたインドの古称。「後漢書」西域伝に初見。

天竺木綿」の略。
そら。天。
「此の頃の御有様は、さりとも見たてまつりなば、―へも憧れじ」〈狭衣・一〉
接頭語的に用いて、遠方・外国・舶来の意を表す。「天竺鼠(ねずみ)」「天竺牡丹(ぼたん)」
(「唐(から)(=中国)過ぎる」のしゃれから、食品名に付けて)辛すぎる、の意を表す。「天竺みそ」「天竺ひしお」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんじく【天竺 Tiān zhú】

中国で3世紀以降に多く用いられたインドの呼称。古くは〈身毒(しんどく)〉〈賢豆(けんず)〉〈天篤(てんとく)〉とも呼ばれていた。7世紀の中国僧玄奘はこの〈天竺〉の称が異議糺紛(きゆうふん)であるとして,正音にしたがって〈印度〉というべきことを述べており,唐代以後は主として〈印度〉の名称が用いられた。中国で古くインドを表した音写語群のもとの言語としては,川の名に由来するシンドゥSindhu(なまってヒンドゥ,ギリシア語ではインドス)があげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんじく【天竺】

◇ 日本・朝鮮・中国で、インドの古称。 「唐から-」
名詞に付いて、「舶来」「遠方」などの意を表す。 「 -いも」
「天竺木綿もめん」の略。
空。高い所。 「 -のうへ帰るべいこともできないから/滑稽本・膝栗毛 2
〔「唐から過ぎる」の洒落で〕 辛過ぎる、の意を表す。 「 -味噌みそ」 「 - 醬 びしお

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竺
てんじく

中国古代のインド地方の呼び名。同系統の古称としては天篤(てんとく)、天督(てんとく)、天豆(てんとう)、天定(てんてい)などがあり、語源は、身毒(しんどく)、印度(いんど)などと同じく、サンスクリットのシンドゥーSindhu(インダス川地方)であるとされる。文献では『後漢書(ごかんじょ)』「西域伝」に「天竺国、一名身毒。月氏(げっし)の東南数千里にあり」とあるのが最初であり、魏晋(ぎしん)南北朝期に一般化し、日本にも広まった。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てんじく テンヂク【天竺】

[1] 中国および日本で、インドの古称。天竺国
※書紀(720)推古三一年四月(岩崎本室町時代訓)「夫れ仏の法(みのり)、西国(テンチク)より漢(もろこし)に至(つたは)りて」
[2] 〘名〙
① そら。天。
※狭衣物語(1069‐77頃か)一「此頃の御有様は、さりとも見たてまつりなば、てんぢくへも憧れじ」
② 高い所。上の方。頂上。
[3] 〘語素〙
① ヨーロッパ人の日本渡来後、語にそえて、外国、遠方の地、舶来などの意を表わす。「天竺牡丹」「天竺鼠」
② (唐(から)(=辛)過ぎるというしゃれから) 食べ物が辛すぎるの意を添える。「天竺味噌」「天竺醤(ひしお)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天竺の関連情報