思離(読み)おぼしはなる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐はな・る【思離】

〘自ラ下二〙 (「おもいはなる(思離)」の尊敬語) 物事からお心が離れる。きらって遠ざけられたり、おあきらめになったりする。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「世をおぼしはなれにけると、この御すみかになむ、いとど深くは思ひつる」

おもい‐か・る おもひ‥【思離】

〘自ラ下二〙 思いが離れる。心が離れる。
※後撰(951‐953頃)恋三・七八〇・詞書「男の心つらく思かれにけるを、女なほざりになどか音もせぬ、といひつかはしたりければ」

おもい‐はな・る おもひ‥【思離】

〘自ラ下二〙 物事から心が離れる。きらって遠ざかったり、あきらめたりする。
※古今(905‐914)雑下・九三九「あはれてふことこそうたて世中を思はなれぬほだしなりけれ〈小野小町〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android