コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性毒性試験

栄養・生化学辞典の解説

急性毒性試験

 急性毒性有無を判定する試験.動物に試験する物質を1回,比較的多い量を投与して毒性を調べる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の急性毒性試験の言及

【医薬品】より

…このスクリーニングで拾い出された化合物の作用性は,スクリーニング法に用いられた系で使用された生物あるいは生物の器官の母集団の半数に作用が現れる量,すなわち半数作用量(ED50,50%effective dose)で表現される。(2)急性毒性試験acute toxicity test スクリーニングで強い作用性,すなわちED50の値が小さい〈薬の候補者〉が拾い上げられると,次に急性毒性試験が行われる。せっかく強い作用性があっても,毒性があまりに強ければ薬となりえないからである。…

※「急性毒性試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

急性毒性試験の関連キーワード最大無作用量亜急性毒性

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性毒性試験の関連情報