コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性毒性

2件 の用語解説(急性毒性の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

急性毒性

 生体が,物質を取り込んだ初期に現れる毒性.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

急性毒性
きゅうせいどくせい

ヒトや動物がさまざまな物質や物理的要因(電離放射線電磁波など)の曝露(ばくろ)を1回(単回)受けたときに生ずる毒性作用を、急性毒性とよぶ。また、24時間以内に複数回の分割曝露を受けた際に生ずる毒性影響も、急性毒性に含まれることがある。
 おのおのの物質または物理的要因がもつ急性毒性の強さは、これらを単回曝露された実験動物の半数が死亡する量(半致死量)として表され、この値が小さいほど毒性が強い(より少量で個体を死に至らしめる)ことを示す。半致死量はLD50(Lethal Dose 50)ともよばれ、物質によってはこの値に大きな種差がみられる場合もある。たとえば、強い毒性をもつとされるダイオキシン(2,3,7,8-TCDD)のLD50を一般的な実験動物間で比較すると、もっとも感受性の高いモルモット(テンジクネズミ)では0.6μg/kg(体重1キログラム当り0.6マイクログラムの曝露を受けた動物の半数が死亡する)であるのに対し、ラットでは100~300μg/kg、ハムスターでは1000~5000μg/kg程度であり、最大で8000倍ほどの種差がある。[青山博昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の急性毒性の言及

【毒】より

…毒物は毒性がきわめて強い物質といえる。毒性は一般に急性毒性と慢性毒性とに分けられる。たとえば青酸カリやフグ毒のように1回の摂取でもみられる毒性を急性毒性といい,鉛や発癌物質のように長期にわたる摂取の結果,徐々に現れる毒性を慢性毒性と呼ぶ。…

※「急性毒性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

急性毒性の関連キーワードエデュテインメント栄養吸収血液脳関門コアセルベートエンドサイトーシス再生芽剃り込み汚染作用グリーンエッジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性毒性の関連情報