コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性毒性

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

急性毒性
きゅうせいどくせい

ヒトや動物がさまざまな物質や物理的要因(電離放射線、電磁波など)の曝露(ばくろ)を1回(単回)受けたときに生ずる毒性作用を、急性毒性とよぶ。また、24時間以内に複数回の分割曝露を受けた際に生ずる毒性影響も、急性毒性に含まれることがある。
 おのおのの物質または物理的要因がもつ急性毒性の強さは、これらを単回曝露された実験動物の半数が死亡する量(半致死量)として表され、この値が小さいほど毒性が強い(より少量で個体を死に至らしめる)ことを示す。半致死量はLD50(Lethal Dose 50)ともよばれ、物質によってはこの値に大きな種差がみられる場合もある。たとえば、強い毒性をもつとされるダイオキシン(2,3,7,8-TCDD)のLD50を一般的な実験動物間で比較すると、もっとも感受性の高いモルモット(テンジクネズミ)では0.6μg/kg(体重1キログラム当り0.6マイクログラムの曝露を受けた動物の半数が死亡する)であるのに対し、ラットでは100~300μg/kg、ハムスターでは1000~5000μg/kg程度であり、最大で8000倍ほどの種差がある。[青山博昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の急性毒性の言及

【毒】より

…毒物は毒性がきわめて強い物質といえる。毒性は一般に急性毒性と慢性毒性とに分けられる。たとえば青酸カリやフグ毒のように1回の摂取でもみられる毒性を急性毒性といい,鉛や発癌物質のように長期にわたる摂取の結果,徐々に現れる毒性を慢性毒性と呼ぶ。…

※「急性毒性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

急性毒性の関連キーワードネオニコチノイド殺虫剤シクロホスファミドカーバメート殺虫剤ヒ素とマンガン有機リン殺虫剤フルフラールダイアジノンジクロルボス最大無作用量急性毒性試験食品添加物スミチオンパラチオンカドミウム亜急性毒性LD水質汚濁GHS毒物学普通薬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android