コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性深 しょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性深 しょうじん

?-? 室町時代の僧。
鷹司房平(たかつかさ-ふさひら)の子。真言宗嘉吉(かきつ)2年(1442)大覚寺門主となる。東寺長者・法務をつとめた。准三宮大僧正。号は大金剛院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

性深の関連キーワード塩素リン灰石(塩素燐灰石)カンラン岩(橄欖岩)斑レイ岩(斑糲岩)フウセンウナギ科銀ペントランド鉱パンペリアイトオフィオライト地熱(ちねつ)アンチゴライト紫蘇輝石斑糲岩輝コバルト鉱累帯深成岩体クルークス鉱イリドスミンチタン鉄鉱傾向面解析日高変成帯モナズ石深海動物鉄尖晶石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性深の関連情報