コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法務 ほうむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法務
ほうむ

仏教用語。 (1) 仏法上のすべての業務。 (2) 法会の際の事務。 (3) 日本では法の事務を総管する重職の名。最初の法務は観勒僧正 (7世紀) に始り,後代では東寺真雅 (9世紀) が法務となり,その後継者がこの職に任じられた。延暦寺興福寺にもこの職に任じられる僧が出てきた。 (4) 寺院に関する事務雑用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうむ【法務】

法律・司法に関する種々の事務。

ほうむ【法務】

仏法に関する事務。
延暦寺や園城寺などの大寺で、寺務をつかさどる僧職。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法務の関連キーワード犯罪捜査官 ネイビーファイルレジナルド ディルホーンジェフリー キンドラー大宮法科大学院大学B.E. バビット中央更生保護審査会地方更生保護委員会青蓮院宮尊応准后プロプラエトルウ・バ・セインリーガルテック企業内弁護士田中 伊三次エディクツム殖田 俊吉岩村 通世妙勧寺窓明中村 梅吉賀屋 興宣法制審議会

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法務の関連情報