コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪しうはあらず ケシュウハアラズ

デジタル大辞泉の解説

怪(け)しうはあら◦ず

容姿や気だてがそれほど悪くない。たいして劣っていない。
「―◦ず、かたち心ばせなど侍るなり」〈・若紫〉
芸などがつたなくない。
「―◦ずなりゆくは、このわたりにておのづから物にあはするなりけり」〈・紅梅〉
容態が悪くない。
「ここには、―◦ず見え給ふを」〈・若菜下〉
差し支えはない。
「彼搦(から)めよと、―◦じ、と云ひて、皆ながら走り懸りて」〈今昔・二三・一六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android