コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪しうはあらず(読み)ケシュウハアラズ

デジタル大辞泉の解説

怪(け)しうはあら◦ず

容姿や気だてがそれほど悪くない。たいして劣っていない。
「―◦ず、かたち心ばせなど侍るなり」〈・若紫〉
芸などがつたなくない。
「―◦ずなりゆくは、このわたりにておのづから物にあはするなりけり」〈・紅梅〉
容態が悪くない。
「ここには、―◦ず見え給ふを」〈・若菜下〉
差し支えはない。
「彼搦(から)めよと、―◦じ、と云ひて、皆ながら走り懸りて」〈今昔・二三・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android