若紫(読み)わかむらさき

色名がわかる辞典の解説

わかむらさき【若紫】

色名の一つ。やや薄く明るい色の美称として用いられた伝統色名。『伊勢物語』『源氏物語』で言葉として用いられ、江戸時代には色名として登場している。薄い紫色は薄色うすいろ、浅紫うすむらさともいい、8世紀に施行された養老令の規定では、朝廷への出仕に着用する朝服ちょうふくの二位、三位の色とされる。ただし、若紫はそれよりも少し濃い。ムラサキ科ムラサキソウ別名でもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

わかむらさき【若紫】

薄い紫色。 「武蔵野に色や通へる藤の花-に染めて見ゆらむ/亭子院歌合」
植物ムラサキの別名。 「まだきから思ひこき色に染めむとや-の根を尋ぬらむ/後撰 雑四
源氏物語の巻名。第五帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わか‐むらさき【若紫】

[1] 〘名〙
① 淡い紫色。うすむらさき。
※延喜十三年亭子院歌合(913)「武蔵野に色やかよへる藤の花わかむらさきに染めてみゆらん」
② 植物「むらさき(紫)」の異名。《季・春》
※伊勢物語(10C前)一「かすが野のわかむらさきのすり衣しのぶのみだれ限り知られず」
[2] 「源氏物語」第五帖の巻名。光源氏一八歳の三月から冬まで。源氏が北山で藤壺によく似た少女紫上を見いだし、紫上の祖母の死後、自邸二条院に引き取るまでを、藤壺との逢瀬、その懐妊をはさみながら描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若紫の関連情報