紅梅(読み)コウバイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ばい【紅梅】


梅の一品種。濃い桃色の花が咲く。 春》「―の落花燃ゆらむ馬の糞/蕪村
濃い桃色。紅梅色。
襲(かさね)の色目の名。表は紅色、裏は紫または蘇芳(すおう)色。春に用いる。
織り色の名。紫色の縦糸と紅色の横糸とで織ったもの。
源氏物語第43巻の巻名。薫大将、24歳。柏木の弟、按察(あぜち)大納言の子女たちの身の上と、薫と匂宮(におうみや)とのかかわりを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうばい【紅梅】

紅色の花の咲く梅。 [季] 春。
紅梅色」に同じ。
紅梅織り」の略。
かさねの色目の名。表は紅梅、裏は蘇芳すおう、また、表は紅、裏は紫とも。冬、1月15日まで着用。 「すさまじきもの…三四月の-の衣/枕草子 25
織り色の名。たて糸は紫、よこ糸は紅。 「二日、-の織物/紫式部日記」
源氏物語の巻名。第四三帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ばい【紅梅】

[1] 〘名〙
① 梅の栽培品種。花は紅色。《季・春》
※経国集(827)一一「賜看紅梅得争字令一首」
※蜻蛉(974頃)下「こうばいのただいまさかりなるしたよりさしあゆみたるに」
② 襲(かさね)の色目の一つ。表は紅色で、裏は紫色。また、表は白、裏は蘇芳(すおう)。春用。紅梅襲。
※枕(10C終)一〇四「こうばいの固紋、浮紋の御衣ども、紅のうちたる、御衣三重が上にただひき重ねて奉りたる」
③ 織物の色の名。紫色の経(たていと)と紅色の緯(よこいと)とで織った紫紅色のもの。もとは濃い桃色。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘六年正月二日「二日、紅梅の織物、掻練(かいねり)は濃き、青色の唐衣、色摺の裳」
④ (一般に) 紅色。のちには、紫がかった赤色。紅梅色
※枕(10C終)二七八「御返しこうばいの薄様に書かせ給ふが」
⑤ 海鼠腸(このわた)をいう女房詞。
※御湯殿上日記‐文明一四年(1482)二月一〇日「むろまち殿よりこうはゐ五十まいる」
⑥ 侍女の通名。
※咄本・醒睡笑(1628)六「おかたの方より、紅梅が使に参りたるよし」
⑦ 馬の毛色の名。淡紅色をしたもの。
※俳諧・去来抄(1702‐04)同門評「紅梅、さび月毛、川原毛」
※浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)二「但しは舟で来てではないかと。見廻す向うの紅梅に、ちらりと見えし与五郎」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「紅梅(コウバイ)、麻茅餠(あさじもち)
植物うめもどき(梅擬)」の古名。
[2] 「源氏物語」第四十三帖の名。薫大将二四歳の春から冬まで。順調に勢力を伸ばした柏木の弟按察大納言(のちの紅梅右大臣)の家庭の事情を中心に、薫と匂宮とのかかわりが描かれる。巻名は、大納言が匂宮に紅梅を贈ったことなどによる。
[語誌]日本には九世紀前後に渡来したらしく、「古今集」撰者時代から目立って歌われるようになる。既に渡来していた白梅が、その白さを雪によそえられたり凜冽な薫りを讚えられたりしたのに対して、「紅に色をばかへて梅の花香ぞことごとににほはざりける〈凡河内躬恒〉」〔後撰集‐春上〕とその華やかな色を愛でたり、「嘆きつつ涙に染むる花の色の思ふほどよりうすくもあるかな」〔能宣集〕と紅の涙に譬えたりしているが、和歌では「紅梅」とはいわない。「紅梅」が仮名文に見えるのは「蜻蛉日記」が早く、白梅は「むめ・紅梅・柳・桜」〔宇津保‐吹上〕のように単に「うめ」といわれることが多かった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の紅梅の言及

【ゆかた(浴衣)】より

…人前で着るものとして扱われなかったゆかたが,男女ともに外出にも着るようになったのは明治中期以後,上物ができたからである。現在でも女物の紅梅(こうばい),綿絽(めんろ),綿縮(めんちぢみ)などの中形(ちゆうがた)染や長板本染中形(ながいたほんぞめちゆうがた)の高級ゆかたは,八寸名古屋帯をお太鼓に締めて街着とする。家庭用は裾除(すそよけ)をつけて素肌に着,半幅帯を締めるが,街着とする高級ゆかたには半じゅばんを着る。…

※「紅梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅梅の関連情報