コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅梅 コウバイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ばい【紅梅】


梅の一品種。濃い桃色の花が咲く。 春》「―の落花燃ゆらむ馬の糞/蕪村
濃い桃色。紅梅色。
襲(かさね)の色目の名。表は紅色、裏は紫または蘇芳(すおう)色。春に用いる。
織り色の名。紫色の縦糸と紅色の横糸とで織ったもの。
源氏物語第43巻の巻名。薫大将、24歳。柏木の弟、按察(あぜち)大納言の子女たちの身の上と、薫と匂宮(におうみや)とのかかわりを描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうばい【紅梅】

紅色の花の咲く梅。 [季] 春。
紅梅色 」に同じ。
紅梅織り 」の略。
かさねの色目の名。表は紅梅、裏は蘇芳すおう、また、表は紅、裏は紫とも。冬、1月15日まで着用。 「すさまじきもの…三四月の-の衣/枕草子 25
織り色の名。たて糸は紫、よこ糸は紅。 「二日、-の織物/紫式部日記」
源氏物語の巻名。第四三帖。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅梅 (コウバイ)

植物。梅の品種

紅梅 (コウバイ)

植物。梅擬の別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の紅梅の言及

【ゆかた(浴衣)】より

…人前で着るものとして扱われなかったゆかたが,男女ともに外出にも着るようになったのは明治中期以後,上物ができたからである。現在でも女物の紅梅(こうばい),綿絽(めんろ),綿縮(めんちぢみ)などの中形(ちゆうがた)染や長板本染中形(ながいたほんぞめちゆうがた)の高級ゆかたは,八寸名古屋帯をお太鼓に締めて街着とする。家庭用は裾除(すそよけ)をつけて素肌に着,半幅帯を締めるが,街着とする高級ゆかたには半じゅばんを着る。…

※「紅梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紅梅の関連キーワード紅梅甲斐絹・紅梅海気勾配織り・勾配織紅梅焼き・紅梅焼織り紅梅・織紅梅紅梅餅・紅梅餠生くねくねし白魚の紅梅煮召し放つ裏陪紅梅匂宮三帖差し歩む千代の梅見栄やす竹のふし裏優紅梅勾配海気菖蒲単襲思ひ劣るみんずり甚三紅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅梅の関連情報