恋の重荷(読み)コイノオモニ

  • こい
  • こいのおもに〔こひ〕
  • の 重荷(おもに)

デジタル大辞泉の解説

恋のせつなさや苦しさに心を労することをたとえていう語。
「―といふことがあるほどに」〈虎清狂・文荷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

恋愛のためにつのる堪えがたい思いを、重い荷を背負う苦しさにたとえた語。
※謡曲・恋重荷(1423頃)「名もことわりや恋の重荷、げに持ちかぬる此の荷かな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android