コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋重荷 こいのおもに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恋重荷
こいのおもに

能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。世阿弥作。白河院の朝臣 (ワキ) は,女御を恋い慕う庭番の老人山科の荘司 (前ジテ) に,この重荷を持つならば女御が姿を拝ませようと告げる。荘司は喜び,重荷を持とうとするが,あまりの重さに恨みを残して悶死する (中入り) 。女御が哀れに思い,入水した池のかたわらにたたずんでいると,荘司の霊 (後ジテ) が現れ,恨みを述べるが (立回り) ,あとを弔ってくれるならば女御の行く末を守護しようと言って消える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こいのおもに【恋重荷】[謡曲]

謡曲。四番目物世阿弥作。女御が自分を恋する庭守の老人に、重荷を持って歩いたら姿を見せようと伝えるが、老人は果たせずに死に、亡霊となって現れる。古曲「綾の太鼓」の改作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こいのおもに【恋重荷】

能の曲名。四番目物世阿弥作。《綾鼓あやのつづみ)》の原拠と思われる《綾太鼓(あやのたいこ)》に想を得た作。シテは山科荘司(やましなのしようじ)。女御(にようご)(ツレ)の姿を見て恋におちいった菊守の老人山科荘司に,廷臣(ワキ)が女御の言葉を伝えて美しい荷を見せる。その荷を持って庭を百度千度も回ったら,顔を見せてもよいというのである。老人は荷を懸命に持とうとするが持ち上げられない。うわべだけを軽そうに作った重荷だったからだ(〈ロンギ〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こいのおもに【恋重荷】

能の一。四番目物。「綾鼓」の原作「綾の太鼓」を世阿弥ぜあみが改作。女御にようごを見初めた庭守りの老人が、重荷を背負って庭を巡れば女御の姿を拝ませようとなぶられて、重荷を負おうとするが耐えられず死に、亡霊となって女御を悩ます。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恋重荷
こいのおもに

能の曲目。四番目物。観世(かんぜ)、金春(こんぱる)二流現行曲。ただし金春流は昭和の復曲。梅若家では『重荷』と表記。類曲に他の3流の『綾鼓(あやのつづみ)』がある。世阿弥(ぜあみ)作。古作の『綾の太鼓』を改作したもので、世阿弥は『三道(さんどう)』に新作の代表としてあげている。臣下の者(ワキ)が下人を従えて登場、御苑の菊作りの老人(前シテ)が女御(にょうご)(ツレ)に恋をしていることを述べ、老人を呼び出させる。作り物の重荷を持って百回も千回も回ることができたら、ふたたび女御の姿を拝ませようという提示に、老人は力を尽くして挑戦するが、巌(いわお)を錦(にしき)で包んだ重荷が上がろうはずもない。絶望と恨みに老人は自殺する。後段は、女御の不実を責める恐ろしげな老人の悪霊(後シテ)の出現だが、あとを弔うならば守り神になろうと心を和らげて消える。恨み抜いて終わる『綾鼓』とは、和解の結末が大きく異なっている。試練の米俵を楽々と担ぎ、主人の娘を手に入れる老翁(ろうおう)を描いた狂言の『祖父俵(おおじだわら)』は、『恋重荷』のパロディーである。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恋重荷の関連キーワード梅若玄祥(2世)道・路・途・径能現行曲一覧浦部 好太郎本田 秀男本田秀男恋の重荷増田正造何ぼう恋の奴名ノリ謡曲中空悪尉文荷

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android