コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文荷 フミニナイ

3件 の用語解説(文荷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふみにない〔ふみになひ〕【文荷】

狂言。主人に恋文を持たされた太郎冠者次郎冠者が、竹に結びつけて担いでいくうちに、文を読もうと争い、破ってしまう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふみにない【文荷】

狂言の一。太郎冠者と次郎冠者が主の恋文を届ける途中、あまりの重さに、中を見ると、「こいしやこいし」と書かれているので「小石がたくさんでは重いはず」と興じる。荷文にないぶみ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文荷
ふみにない

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。主人が太郎冠者(シテ)と次郎冠者に衆道の相手(少年)への手紙を持って行かせる。2人は交代で手紙を持ちあって行くが、やがて竹に結び付けて2人で担ぎ、能『恋重荷(こいのおもに)』の一節を謡いながらすっかり遊び気分。調子にのって手紙を開いてみると、案の定、恋文である。文面をひやかしながら互いに奪いあって読むうちに、手紙は真っ二つ。破れた手紙を届けるわけにはいくまいと思案した2人、風の便りということばに事寄せて、「風のたよりに伝え届けかし」と謡いながら破れた手紙を扇であおぐ。迎えにきた主人がそれをみつけ、2人を追い込む。『天正(てんしょう)狂言本』では、手紙の届け先を花子という女性にしており、古くはかならずしも男色を扱った作品ではなかったらしい。1枚の文が、洒落(しゃれ)っ気たっぷりに次から次と思わぬ展開を生み出していく。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文荷の関連キーワード清水狐塚口真似宝の槌太刀奪縄綯寝音曲簸屑富士松棒縛∥棒しばり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文荷の関連情報