コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒次 つねつぐ

2件 の用語解説(恒次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒次 つねつぐ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備中(びっちゅう)(岡山県)古青江派。後鳥羽(ごとば)上皇の番鍛冶(ばんかじ)のひとり。京都北野天満宮,尼崎本興寺所蔵の太刀などが重要文化財に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恒次

生年:生没年不詳
鎌倉初期の備中(岡山県)古青江派の刀工。後鳥羽院番鍛冶のひとりで,江戸時代の刀剣書の多くは守次の子で時代を承久(1219~22)ごろとしている。天下五剣の一として室町時代から名高く,日蓮が身延開山に当たり,盗賊からの自身衛護のために用いたという『享保名物帖』所載の数珠丸恒次がその代表作といわれているが,銘の位置,茎の鑢仕上などが通常の古青江とは異なっており,古備前とする説もある。これとは別にほぼ同時代で,作風,茎仕立,銘の位置など,古青江の特徴が顕著な作があり,また鎌倉末期,正和,文保の年号を記す右衛門尉,嘉暦,元徳の年号を記す左衛門尉を冠するもの(同人とみられている)がいて,代を重ねていたとみられている。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒次の関連キーワード青江物正恒雲生貞次(1)貞次(2)貞次(3)末次(1)為次正恒(1)正恒(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恒次の関連情報