コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵俊 けいしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵俊 けいしゅん

えしゅん

恵俊 えしゅん

?-? 室町時代の僧,連歌師。
信濃(しなの)(長野県)の人。飯尾宗祇(そうぎ)の門人。文明15年(1483)の「何人百韻」をはじめ,「細川千句」「葉守千句」などの連歌会に参加した。号は桂井(少)坊。名は「けいしゅん」ともよむ。著作に「連歌寄合」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の恵俊の言及

【吉田冝】より

…生没年不詳。百済国出自で初め僧であり恵俊と称したが,700年(文武4)その芸を用いるため還俗させられ吉冝の姓名を賜った。721年(養老5)医術により賞を受け,724年(神亀1)には吉田連と賜姓された。…

※「恵俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恵俊の関連キーワードサラリーマン金太郎〈2〉お熱いのがお好き?都太夫一中(初代)都太夫一中(1世)サラリーマン金太郎タテマエとホンネ都一中(初代)12月21日タコツボ文化ホンジャマカ陽侯久爾曾ひるおび!ファビアン比較社会学都太夫一中ササラ文化室町時代石塚英彦ハビアンしきたり

恵俊の関連情報