コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悉達/悉多 シッタ

デジタル大辞泉の解説

しった【悉達/悉多】

《〈梵〉siddhãrtha音写悉達多」の略。目的を達したという意》釈迦(しゃか)の出家以前の名。誕生したとき、一切の吉祥瑞相をそなえていたことからこの名がつけられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

悉達/悉多の関連キーワード叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質犍陟駒・金泥駒ガンダーラ仏半跏思惟像悉達・悉多開元占経寺崎広業聖徳太子松尾朝春瞿曇悉達犍陟駒檀特山九執暦相撲釈迦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android