コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悉達多 シッタルタ

大辞林 第三版の解説

しったるた【悉達多】

Siddhārtha すべて完成しているものの意〕 釈迦が出家前、太子だったときの名前。悉達しつた。悉多。悉多太子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悉達多
しっだるた

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の悉達多の言及

【釈迦】より

… インド・ネパール国境沿いの小国カピラバストゥKapilavastuを支配していた釈迦(シャーキャ)族の王シュッドーダナŚuddhodana(浄飯(じようぼん)王)とその妃マーヤーMāyā(麻耶)の子としてルンビニー園で生まれた。姓はゴータマGotama(釈迦族全体の姓),名はシッダールタSiddhārtha(悉達多)。生後7日目に母を失い,以後は叔母(実は継母でもある)マハープラジャーパティーに育てられた。…

※「悉達多」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

悉達多の関連キーワード叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質Siddhārthaガンダーラ仏半跏思惟像悉達・悉多寺崎広業相撲悉達

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android