コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪貨 アクカ

デジタル大辞泉の解説

あく‐か〔‐クワ〕【悪貨】

あっか(悪貨)

あっ‐か〔アククワ〕【悪貨】

質の悪い幣。貨幣としての品質の劣るもの、地金(じがね)の価格が法定価格より低いもの、すり減ったものなど。⇔良貨(りょうか)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あくか【悪貨】

あっか【悪貨】

質の悪い貨幣。量目が不足していたり品質が劣っていたりして、地金の価格が法定価格を大きく下回るものなど。 ↔ 良貨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悪貨の関連キーワードアムステルダム振替銀行グレシャムの法則正徳・享保金銀通貨発行特権情報の経済学悪・惡・握贋金つかいグレシャム黒木メイサギニー金貨正徳金銀荻原重秀鋳造貨幣貨幣改鋳田沼時代徳川綱吉私鋳銭ユーロ享保金阿部力

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪貨の関連情報