コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲しいワルツ

デジタル大辞泉プラスの解説

悲しいワルツ

フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの管弦楽曲(1904)。原題《Valse triste》。『悲しきワルツ』とも呼ばれる。アルヴィド・ヤルネフェルトの戯曲『クオレマ』の劇付随音楽として作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android