コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報交換用漢字符号系 じょうほうこうかんようかんじふごうけいcode of the Japanese graphic character set for information interchange

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報交換用漢字符号系
じょうほうこうかんようかんじふごうけい
code of the Japanese graphic character set for information interchange

コンピュータ間の情報交換,通信で漢字を含む情報を扱えるようにJIS規格で決められた文字の符号体系。 1983年 JISX0208として制定された。 JIS第1水準 3489字 (漢字 2965字,ひらがな 83字,カタカナ 86字,数字 10字,英字 52字,特殊記号 147字,ギリシア文字 48字,ロシア文字 66字,罫線文字 32字) ,JIS第2水準 (漢字 3388字) からなる。各文字は 16進数 (8ビット2バイト) 4字で表される。この規格の拡張版として JISX0213がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

情報交換用漢字符号系の関連キーワードJIS X0208JIS第一水準JIS第二水準

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android