コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惑星間塵 ワクセイカンジン

デジタル大辞泉の解説

わくせいかん‐じん〔‐ヂン〕【惑星間×塵】

太陽系内の惑星間空間に存在する微細な粒子宇宙塵のうち、地球上にそのまま落下したり、地球外縁で採取されるものを指す。主に黄道面付近に分布し、鉄やケイ素などからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の惑星間塵の言及

【黄道光】より

…これはこの季節に,黄道と地平線のなす角が最大になることと,黄道光が天の川から遠ざかるので見えやすくなるためであって,黄道光自身の明るさが変化するわけではない。黄道光は,太陽系の惑星軌道面に沿って分布している惑星間塵interplanetary dustと呼ばれる微小固体粒子が,太陽光を散乱している現象である。スペクトル分布は太陽スペクトルとほぼ同じで,最大20%程度の部分偏光を示している。…

※「惑星間塵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

惑星間塵の関連キーワード太陽(天体)太陽系小天体惑星間空間塵惑星間物質対日照