コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感染巣 かんせんそう

百科事典マイペディアの解説

感染巣【かんせんそう】

感染症で,病原微生物が繁殖してできた生息巣。多くの場合侵入した部位にとどまらず,2次,3次の生息巣が生じる。感染巣には,病原微生物の毒素による直接的な障害のほか,免疫反応によって,生理的な組織破壊を伴う病巣が形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

感染巣の関連キーワード肺門リンパ節結核睾丸炎(精巣炎)感染性心内膜炎ブールの法則化膿性関節炎ブドウ球菌腎周囲膿瘍リウマチ熱心内膜炎再感染敗血症腸結核緑膿菌菌血症腎膿瘍髄膜炎瘰癧

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感染巣の関連情報