コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感音難聴 カンオンナンチョウ

デジタル大辞泉の解説

かんおん‐なんちょう〔‐ナンチヤウ〕【感音難聴】

内耳聴神経に異常があるために起こる難聴。治療が困難な場合が多い。大きな音はよく聞こえるが、小さな音がほとんど聞こえないなど、周波数によって聞こえにくさの度合いが著しく異なる。先天性の感音難聴の場合は、発音が習得しにくい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

感音難聴
かんおんなんちょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

感音難聴の関連キーワード耳性帯状疱疹(耳ヘルペス)/ラムゼー・ハント症候群(ハント症候群)内耳炎/ウイルスによる内耳障害耳のしくみとはたらき伝音難聴と感音難聴子どもの言語障害真珠腫性中耳炎癒着性中耳炎メニエール病航空性中耳炎老人性難聴鼓室硬化症突発性難聴聴神経腫瘍内耳性難聴神経耳科学耳硬化症聴力検査耳の外傷耳鳴り補聴器

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感音難聴の関連情報