コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧観 えかん Hui-guan

1件 の用語解説(慧観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慧観
えかん
Hui-guan

中国,南北朝時代鳩摩羅什門下の学僧。『涅槃経』対校の仕事に参加。著書に『弁宗論』『修行地不浄観経序』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慧観の言及

【教相判釈】より

… クマーラジーバの高弟である僧叡の提示した基本原理にもとづいて竺道生が在家信者のための〈善浄法輪〉,声聞,独覚,菩薩乗の〈方便法輪〉,《法華経》の〈真実法輪〉,《大般泥洹経(だいはつないおんぎよう)》の〈無余法輪〉という原初教判を創説した。つづいておそらく慧観が第一時には鹿野苑で四諦法輪を転じ,第二時には《大品般若経》,第三時には《維摩経》《梵天思益経》,第四時には《法華経》を転法輪し,最後に第五時に沙羅双樹の下で《大般涅槃経》を説法したという著名な五時教判を提唱した(《広弘明集》巻十九)。ほかにも竺道生の教判を発達させた劉虬の七階の教判などもあった。…

【涅槃宗】より

…〈如来は常住でうつり変わることなし〉と〈一切の衆生に悉(ことごと)く仏性あり〉との教旨を説いた。南朝では慧観(383‐453)らが謝霊運の協力を得て36巻本の南本《涅槃経》を完成させたことから大いに栄えた。しかし,隋代に智顗(ちぎ)が天台宗をおこし,涅槃の教旨を吸収してしまったので,急速に衰え,日本では宗派としての存在は認められない。…

※「慧観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慧観の関連キーワード鳩摩羅什旧訳道生南学戴顒吉野朝時代羅什三蔵白馬塔クマーラジーバ僧朗

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone