コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲房色 けんぼういろ

色名がわかる辞典の解説

けんぼういろ【憲房色】

色名の一つ。憲法色ともいう。江戸初期の兵法家吉岡直綱なおつなが創始し、同家に伝えられた黒茶染の色。かなりみの強い茶色で、江戸時代に広く使われたとされる。吉岡直綱は号を憲房と称し、宮本武蔵と試合をした人物と伝えられている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報